2013年08月23日

SONY/「RX」シリーズの新型「RX100 II」「RX1R」ソニー高級コンパクトデジカメ

ソニーは2013年6月27日、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の高級モデル「RX」シリーズの新モデル2機種を発表した(発売開始は7月5日)。
新モデルは、1.0型CMOSセンサーを搭載する「DSC-RX100」、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載する「DSC-RX1」の姉妹機となる製品で、型番はそれぞれ「DSC-RX100M2(マークツー)」(RX100 II)、「DSC-RX1R」(RX1R)となる。
なお、今回の新モデルはラインアップの変更ではなく追加。
「RX」シリーズは今後、新モデルを含めて計4機種のラインアップとなる。
ここでは、ベータ機の外観画像を交えながら
新モデル「DSC-RX100M2」「DSC-RX1R」の進化点をピックアプレポします。

  「DSC-RX1R」はこちらへ⇒ http://timestopcamera.seesaa.net/?1372188964

サイバーショット DSC-RX100M2 1.jpgサイバーショット DSC-RX100M2 2.jpg

従来と同様、沈胴式レンズを採用する「DSC-RX100M2(マークツー)」。ボディサイズは101.6(幅)×58.1(高さ)×38.3(奥行)mmで、重量は約281g(付属バッテリーNP-BX1、メモリースティック デュオを含む)。従来モデル「DSC-RX100」と比べると約2.4mm厚く約41g重いボディとなっています。
サイバーショット DSC-RX100M2 3.jpg
新モデル「サイバーショット DSC-RX100M2」は、従来モデル「DSC-RX100」のデザインと基本スペックをベースに、画質と機能がブラッシュアップされています。


最大の進化点となるのが撮像素子だ。面積比で1/2.3型の約4倍、1.1.7型の約2.8倍となる1.0型サイズ(13.2×8.8mm)のセンサーを採用するのは従来と同じだが、新モデルは、1.0型の裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーを搭載。これまで、裏面照射型CMOSセンサーは1/1.7型が最大サイズであったため、1.0型サイズの裏面照射型CMOSセンサーを搭載するデジタルカメラは「DSC-RX100M2」が世界初となるのです。

「DSC-RX100M2」は、裏面照射型CMOSセンサーを採用することで、センサーの受光性能が大きくアップしている。同じサイズ(1.0型)の撮像素子を採用する従来モデルも高感度性能には定評があるが、新モデルは、センサーの受光性能が感度で1段分向上。高感度でのさらなる低ノイズ撮影を実現しており、感度は、従来モデルのISO125〜ISO6400(拡張でISO80/ISO100を設定可能。「マルチショットNR」時は最高ISO25600)からISO160〜ISO12800(拡張でISO100/ISO125を設定可能。「マルチショットNR」時は最高ISO25600)に変更となっている。撮像素子の画素数は、有効約2020万画素で変わらない。従来モデル「DSC-RX100」は、低感度でのシャープでキレのある画質で定評があったが、裏面照射型になることで、そのあたりの描写がどう変化するのか・・・。

レンズは、従来と同スペックとなる、光学3.6倍のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。35mm判換算で広角28mm〜望遠100mmの画角に対応するレンズで、広角端で「開放F1.8」(望遠端はF4.9)の明るさを実現しているのがポイント。
薄型の「AAレンズ」を含めて非球面レンズを4枚採用する6群7枚構成の高性能レンズとなっている。
絞り羽根は、7枚羽根の虹彩絞り。
最短撮影距離は広角端で約5cm、望遠端で約55cm(いずれもレンズ先端から)となっている。
光学式の手ブレ補正機能も装備する。
なお、画像処理エンジンも「BIONZ」で変わりないが
新しい撮像素子の採用により、処理のアップデートが行われている。

また、バッテリーは「DSC-RX100」や「DSC-RX1」と共通で、Xタイプの「NP-BX1」を採用。
撮影可能枚数(CIPA準拠)(CIPA準拠)は約350枚となっている(「DSC-RX100」は約330枚)。

1.0型の裏面照射型“Exmor R”CMOSセンサーを新たに採用。有効画素数は約2020万画素

レンズは、35mm判換算で広角28mm〜望遠100mmの画角に対応する、光学3.6倍のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用

チルト可動式の液晶モニター
「DSC-RX100M2」の操作性の進化点は、液晶モニターが可動式になったこと。上方向に最大84度、下方向に最大45度まで可動するチルト可動式液晶モニターを採用し、ローアングル・ハイアングルでの撮影がしやすくなっている。液晶のスペックは従来と同じで、約122.9万ドット表示の3.0型「エクストラファイン液晶」となっている。
サイバーショット DSC-RX100M2 6.jpgサイバーショット DSC-RX100M2 5.jpg
新たに、チルト可動式の液晶モニターを採用。上方向に最大84度、下方向に最大45度まで可動できる





また、「DSC-RX100M2」の操作性では、従来モデル「DSC-RX100」と同様
レンズ部にコントロールリングを備えるのも特徴。
撮影画面に表示されるアニメーション(半円のパラメーター)を見ながらコントロールリングを回転することで、各種設定を直感的に調整・変更することができる。
なお、「DSC-RX100M2」のベータ機を触った限りでは
従来よりもコントロールリングのトルク感が強くなっている。
サイバーショット DSC-RX100M2 7.jpg
レンズ部にコントロールリングを搭載。このリングを使って撮影設定をダイレクトに変更できる



◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆

◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
       ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
            ◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
    ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
          ◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
続きを読む
posted by Time-Stop at 01:32| SONY/RX100 II | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

LEICA D-LUX6 〜D-LUX 6 G-STAR RAWエディション

◆◆    ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆    
◆◆   ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆ 
         LEICA D-LUX6  & 
         D-LUX 6 G-STAR RAWエディション 

◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
Leica_ライカD-LUX6 1.jpg


-LUX6は、35mm判換算の焦点距離24-90mmで、F1.4-2.3と明るいズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。撮像素子は1/1.7型有効1,010万画素CMOSセンサー。

撮像素子:1/1.7型CMOSセンサー
画素数:1010万画素(有効画素)
焦点距離:24mm〜90mm(35mm判換算)
高感度(ISO感度):ISO80〜12800
F値:F1.4〜2.3
光学ズーム:3.8 倍
液晶モニター:3インチ 92万ドット
動画撮影サイズ:1920x1080(フルHD)
重量:296 g
発売日:2012年11月1日
店頭予想価格:85,800円〜

シンプルでクラシックなデザイン
ライカD-LUX6 G-STAR RAWエディション2.jpg

ハイクオリティな素材と、シンプルでシャープなデザインが融合し
上品さが漂うクラシカルな雰囲気に仕上がっています。
丈夫でコンパクトなメタルボディに滑らかな質感のブラックアルマイト仕上げが施され
ボタンなどのクローム仕上げがアクセントとなり
シンプルながら一目でライカと分かるデザインです。

開放F値1.4の明るいレンズ

レンズは新開発の「ライカ DCバリオ・ズミルックス f1.4-2.3/4.7-17.7mm ASPH.」
24〜90mm相当(35mm判換算)の実用的な焦点距離をカバー。
広角での建築物撮影や風景撮影からマクロ撮影
ルポルタージュ、ポートレートまで、幅広い撮影ジャンルに対応。
また、開放F値1.4という明るいレンズにより、撮影が難しい光の状況
ボケ味を活かした印象的な作画にも、満足のいく美しい仕上がりが得られる。

レンズ鏡筒には絞りリングも搭載されている。
さらに本体背面には、ND/FOCUSレバーを搭載。
ピントを微調整したりNDフィルターを有効にしたりすることが可能。

液晶モニターは3型の約92万ドット

直感的な操作性とわかりやすい操作部のレイアウトにより
ピント合わせや、シャッタースピードの設定、露出補正などは
本体背面の後ダイヤルで素早く簡単に行えます。

電子ビューファインダー「ライカ EVF3」

オプションで豊富にラインアップ。
ホットシューに装着する外付け電子ビューファインダー「ライカ EVF3」は
140万ドットの明るくクリアな画面で被写体をシャープに表示。
撮影が難しい光の状況にも最適。

専用ハンドグリップや高品質な本革製のカメラプロテクターや
クラシックで上品なレザーケースもラインアップ。

オランダのジーンズ&ファッション・ブランド「G-STAR(ジースター)」とコラボレーションしたライカ新モデルが登場!

独創性と時代を超える魅力を兼ねそなえた個性的なルックスが光る、アクセサリーのようにスタイリッシュなカメラで、極上のフィーリングを持つ製品を愛するファッショニスタにふさわしい1台となっています。
また、ライカのコンパクトカメラでは初めてとなる、ドットの模様をあしらった特別なデザインのレザーが施され、デザイン性はもちろん卓越したグリップ性も実現しています。

「18169 ライカ D-LUX 6 G-STAR RAWエディション」
ライカD-LUX6 G-STAR RAWエディション.jpg

G-Star RAW(ジースターロゥ)がライカとのコラボレーションで特別仕様モデルのカメラ「ライカD-LUX6 G-STAR RAWエディション」を発表した。両者のプロダクトデザインに共通する美意識からごく自然な成り立ちで始まった。

「ライカD-LUX6 G-STAR RAWエディション」はコンパクトデジタルカメラ「ライカD-LUX6」の特別仕様で、ライカならではの特色を継承しつつも、ボディには斬新なドット入りのレザートリムを使用。グリップの安定性もより考慮したつくりとなっている。ブラウンの革製カメラケース、限定デザインのストラップとハンドストラップのアクセサリーもセット。

レンズには明るい開放値f1.4のSUMMILUX(ズミルックス)を採用、そして同クラスのコンパクトデジタルカメラとしては大型の1/1.7インチCMOSセンサーを搭載したライカD-LUX6は、オート撮影はもちろん、こだわりのマニュアル設定も可能。フルハイビジョン動画撮影機能など、充実の機能を搭載している。

なお、今回登場したRAW Leicaは、これまでのRAW Defender、RAW Ferry、RAW Cannondale、Prouve RAWといったG-Star RAWのクロスオーバーシリーズに続くもので、デニムの世界でさまざまなデザインや新しいクリエイティビティーの可能性を探り続けるG-Star RAWの取り組みの一環となっている。

「ライカD-LUX6 G-STAR RAWエディション」
発売日:2013年7月下旬






◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
  

◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
posted by Time-Stop at 02:34| LEICA D-LUX6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LEICA X Vario /〜デジタル一眼レフカメラへの進化

◆◆    ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆    
◆◆   ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆ 
     LEICA X Vario  
◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
Leica X Vario16_s.jpg


ライカXバリオは、APS-Cサイズの有効1,620万画素CMOSセンサーを
搭載するレンズ固定式のデジタルカメラ。28-70mm相当のズームレンズを搭載している。
サイズ感は、単焦点レンズを搭載するライカX2とM型ライカの中間。
APS-C機「ライカX2」のズームレンズ版というとイメージしやすいだろう。
ライカレンズにおいて「Vario」はズームレンズであることを表す言葉。
Leica X Vario 13_s.jpg


レンズの大きさに合わせるようにゆとりを持ったボディに
3型92万ドットへ大型・高精細化した液晶モニターを搭載。
背面右手側のスペースにも余裕が生まれた。
背面の操作部は、方向キー周囲のホイールがサムレストを兼ねたダイヤルになるなど
M型最新モデルの「ライカM」に通じる操作体系になっている。
メニュー表示やライブビュー画面もライカMと共通のデザインだ。
Leica X Vario11_s.jpg

 露出設定の操作方法はライカX2に準ずる。
ボディ上面にシャッタースピードと絞り値のダイヤルを備え
どちらも「A」の位置にするとプログラムAE、どちらかを任意の値に動かすことで各優先AEとなる。
AFなどM型ライカにはないオートの便利さを持ちつつ
露出設定の意図を持つ撮影者にとっても直感的に操作しやすい仕組みと言えるだろう。
Leica X Vario12_s.jpg


加えてライカXバリオでは、レンズ鏡筒にフォーカスリングを装備
鏡筒に記された距離指標にフォーカスが追従する。
無限遠の先に「AF」のクリックストップがあり、その状態ではAFを利用可能。
MF時は「MFアシスト」をONにすることで拡大表示も見られる。
最短撮影距離は40cmだが、望遠端70mm相当時のみ30cmまで寄れるため、クローズアップも狙えそうだ。
Leica X Vario15_s.jpg







◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  






◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆ 


posted by Time-Stop at 02:10| LEICA X Vario | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。