2013年07月06日

FUJIFILM X-M1 /注目!のハイエンド・モデル/ミラーレス一眼カメラ

◆◆    ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆    
◆◆   ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆ 
FUJIFILM X-M1
◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
Fujifilm  X-M1images 6.jpg

小型軽量で
フルサイズセンサー搭載機に匹敵する高画質を実現!

ローパスフィルターレスのAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS」センサー搭載

レンズ交換式プレミアムカメラ 「FUJIFILM X-M1」
「Xシリーズ」初となるWi-Fiレジスタードマーク通信など多彩な機能も搭載、片手で直感的に素早く操作可能!
めずらしく、3色展開
Fujifilm  X-M1images 1.jpg

発売日:2013年6月25日
TIPA(*1)など数々のアワードを受賞し世界中で高い評価を得た
「FUJIFILM X-Pro1」
「FUJIFILM X-E1」
のデザインと高画質・高性能をより幅広いお客さまに楽しんでいただくため、レンズ交換式プレミアムカメラ「FUJIFILM X-M1」を平成25年7月27日より順次発売。
「FUJIFILM X-M1」は、手軽に持ち歩けるコンパクトボディで
フルサイズセンサー搭載機に匹敵する高画質を実現。
Fujifilm  X-M1images 4.jpg

「FUJIFILM X-M1」で実現した主なポイントは以下の3点で
(1) 「X-Trans CMOS」センサーを搭載しコンパクトボディでフルサイズセンサー搭載機に
    匹敵する高画質を実現

    一般的なコンパクトデジタルカメラの約13倍(*2)の面積を持つ
    独自開発のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS」センサー
    (1630万画素、ローパスフィルターレス)
    を搭載し、コンパクトボディでフルサイズセンサー搭載機に匹敵する
    高画質を実現。
    光量の少ない夜景や室内など高感度撮影が必要なシーンでも
    驚くほどノイズの少ないクリアな画像が得られます。
    抜けるような空の青色、鮮やかな夕日の赤色や、温かみのある人肌など
    銀塩フィルムの開発で培った画質設計技術により
    富士フイルム独自の美しい色再現を実現しています。
(2) 片手で直感的に素早く操作可能!簡単に高画質撮影が楽しめる     
    さまざまな撮影モードを素早く設定できる「モードダイヤル」を搭載。
    「アドバンストSRオート」では
    シーンに合わせた最適な撮影条件をカメラが自動で設定するため
    簡単に高画質な写真を撮影可能です。快適な操作性を追及し
    操作ボタンやダイヤルをカメラの背面右側に集約。
    親指1本で絞り・シャッタースピード・露出補正などを調節でき
    片手で直感的に素早く操作することができます。
(3) 高品位な質感のボディに高精細チルト式液晶モニター   
    Wi-Fiレジスタードマーク通信
    内蔵フラッシュ
   など多彩な機能を搭載
   ボディは「FUJIFILM X-Pro1」、「FUJIFILM X-E1」のクラシカルで
   高品位なデザインを継承。
   高精細92万ドット液晶モニター、Wi-Fiレジスタードマーク通信、内蔵フラッシュなど
   多彩な機能を搭載しながら約330g(*3)と小型・軽量化を実現。
   液晶モニターは角度を上下に調節できるチルト式を採用し
   自由なアングルでの撮影が可能です。
   撮影画像をスマートフォンやタブレット端末(*4)に無線LAN通信で簡単に
   送信できる「スマートフォン送信」機能を「Xシリーズ」で初めて搭載。
   「Xシリーズ」ならではの高画質な画像をSNSへアップしたり
   友達と共有するなど、写真の楽しみ方が広がります。
   Wi-Fiレジスタードマーク通信に対応したことで、カメラ内のデータを簡単にパソコンに
   バックアップすることが可能。
   内蔵フラッシュには、シーンに合わせて光量を自動で制御する
   高精度「スーパーiフラッシュ」を搭載。

   レンズが活きる新センサー。曖昧にならずにきりっと解像
   高い解像度が得られるという利点のある
   ローパスレスセンサーですが
   それと引き換えにモアレが出やすい傾向となるものの
   X-Trans CMOS IIセンサーは独自のカラーフィルター配列によって
   モアレ対策をしているそうです。
   そこまでして解像度にこだわったとあって
   被写体のエッジをきちんと描き出すシャープな撮像。
   フルサイズ換算28〜112mm相当の画角
   F値はF2.0〜F2.8となる明るいズームレンズとのマッチングにより
   実にナチュラルで、リアリティのある画が面白いように撮れます。
   階調表現もなめらかで、色乗りもしっかりだけど重くは感じさせません。
   さすがはハイエンドコンパクトシリーズの一角を担うモデルの写りです。

   Fujifilm  X-M1images 5.jpg


   カメラとの付き合いの長い人にも、そうでない人にも
   きっと満足度の高いカメラだと思います。
   単なる撮る道具にとどまらない
   愛着の湧く1台となることでしょう。



◆◆  ◆◆  ◆◆  ◆◆     ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆
    ◆◆  ◆◆◆◆    ◆◆  
          ◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆◆◆    ◆◆


posted by Time-Stop at 01:35| FUJIFILM X-M1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。